今更ながら弊社の特徴など

みなさん、こんにちは。
岸本です。

本日は7月7日の七夕ですね。私は所用で静岡に向かっております。明日は大阪方面にいますので、何かと連絡が取れないタイミングが多いかもしれません。皆さま良しなにお計らい願います。

さて、本日で弊社DSC合同会社は起業からまる1年を迎えました。平成27年7月7日のスリーセブンの日に会社登記が済み、こうして過ごしてこれましたのは、偏に顧問先の皆様・お付合い頂いているパートナー企業の皆様のおかげです。どの程度皆様へのお力添えが叶っているのか判りませんが、これからまた1年、益々尽力致しますので、何卒宜しくお願い致します。

この1年は、独立前からのお付合いをそのまま継続して頂いたご支援先の皆様を中心に、新しいお付合いも幾つか生まれ、また懐かしい会社からのお声掛けもあり、順風満帆とはいきませんが、なんとか倒れずに駆け抜けられたかも、というのが正直な感想です。

折角なので、この機会にまだお付合いの無い会社の皆様へ向け、あらためて弊社の特徴を書いてみたいと思います。弊社は立ち上げ当初より、健康食品、化粧品、一般食品等を販売されているリピート通販企業様へのコンサルティング業務を行ってますが、他にも同じようなコンサル会社は幾つかあります。なので、弊社だけの特徴というかオリジナリティがあるか、そこに価値はあるのか、をご判断頂けるように書いてみます。

まず一番の特徴は、私自身が矢面に立たされることが多い(使い勝手がよい)、と言ってみます。

お付合い先が提案に不安を感じていたら、代わりに代理店さんに出向き話をまとめてくるとか、コールセンターとのトラブルを解決する、必要あればパートナー企業にも怒る、とか汚れ仕事をとにかく多く振られます。

丁度昨日も、パートナー企業との問題解決の場面で「岸本の名前出したら対応変わって良かった。あと宜しく」って依頼があったばかりですが、そんな感じで皆さんに重宝がられています。

憎まれ役が私の仕事の1つなのかな、って間に入ってやり取りすることが多いです。便利ですね。

代理店さんから紹介料とかマージンとか貰ってるコンサルは、パートナー企業に対して怒ったりしないですよ。でもうち、そういうの貰ってないですから。必要な時に必要なことを言える関係って大事ですよね。

以前、「物言う株主」といわれた村上ファンドがありましたが、弊社はお付合い先にオカシナことを言ったり、騙そうとする会社があれば、平気で「マジギレするコンサルタント会社」です。

最近私は顧問先企業にとっての、守護神は明らかに言い過ぎですが、守護霊みたいなもんかなと思って仕事を致しております。

逆に私を苦手と思っている代理店の担当者さんは、きっと何人もいるでしょうけど。でもね、皆さん仲良くしましょうね。私も常に怒ってる訳じゃないでしょ?それもこれも皆、顧問先を最優先にしてるからなんよ。

と、言い訳も済んだところで2つ目の特徴。やっぱりEC、Webマーケティングの話ができることでしょうか。

なんか、そんなの当たり前の話ですよね。でも、その当たり前の話が出来ない同業は、結構沢山いたりします。そんなことだからWeb系の代理店にクライアントが騙されてる話が減らないんだぜ。

とはいえ、日々EC系の話をしたり聞いたり、アカウント覗いたり、レポート見たり、媒体資料取り寄せたりしている私も、もう情報についていくのがやっとと感じています。なので今までECやWebマーケティングの情報に疎かった人間が、これから追いつこうとしても、大変だろうなって気もします。

だって、1年前の話なんてまるで通じなくなる世界ですから。それも最先端の話とか、特殊な施策についてだけじゃなく、スタンダードな話だと思ってた内容までもが、です。いやー、本当に興味を持ち続けられる人じゃないと無理っす。

つまり、今のところ辛うじてリピート通販のWebマーケ前方集団に引っかかってたまたまスリップストリームに入っているのが弊社でございます。

特徴ほかに何かあるかな。

あ、コンサルフィーが格安。

そんなこんなで、今後とも皆様、何卒宜しくお願い致します。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスは公開されません


*